Bybit(バイビット)|入金方法を画像付解説(クレカ、日本円、仮想通貨)

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

Bybit(バイビット)は、2018年に設立された暗号資産取引所で、日本からのアクセスも可能です。日本語対応で、様々な暗号資産を手軽に購入できる点が特徴です。

今回は、特に初心者にも分かりやすいBybitの入金方法に焦点を当てて、画像付きで解説します。

最大3万ドル相当のボーナス特典

招待コードが入力されていない方は、以下のコードをご利用ください。
招待コード:60190

目次

Bybit 入金の基本知識

Bybitとは?基本情報の確認

Bybitは、世界中のトレーダーに利用されている主要な暗号資産取引所の一つです。高い流動性と非常に使いやすいUI(ユーザーインターフェース)で、さまざまな種類の取引オプションをサポートしています。

Bybitでは、ビットコインやイーサリアムなどの主要な暗号資産をはじめ、多種多様なアルトコインも取り扱っています。また、レバレッジ取引も可能であり、経験豊富なトレーダーからの支持も厚いです。セキュリティ面においても高い水準を保持しており、ユーザーの資産保護に力を入れています。

また、多くのキャンペーンを行っているため、入金を行うだけでボーナスを貰えるなど、お得に取引が出来る点も魅力の1つです。

Bybitについて、より詳しい内容や口座開設方法に関してはこちらをご覧ください。

Bybitで入金する際の5つのメリット

Bybitでの入金には、いくつかの大きなメリットがあります。
ここでは、その5つのポイントを詳しく見ていきましょう。

暗号資産での入金手数料が無料

一部の暗号資産取引所では入金のたびに手数料がかかりますが、Bybitでは暗号資産での入金手数料は無料です。
これにより、余計な出費を心配せずに、いつでも資金を投入できるメリットがあります。

日本円での取引可能

海外の取引所では外貨での入金が一般的ですが、Bybitではクレジットカードなどを活用すれば日本円で入金できます。
これにより、為替手数料の心配がなく、国内の支払い手段を利用できるのが大きなメリットです。

入金反映時間の速さ

仮想通貨市場は価格変動が激しいため、入金反映の速さは重要です。
Bybitでは、入金手続き後5~10分程度でアカウントに反映されるため、迅速な取引が可能です。
※通貨の種類やチェーンによって更に時間が掛かることもあります。

最低入金額の設定なし

Bybitは、仮想通貨での入金に関して最低入金額を設定していないため、少額から取引を開始できます。
初心者や少額投資を希望する方にとっても優しい設計です。

お得な入金ボーナス

アカウントに入金することで得られる「入金ボーナス」がBybitの特典の一つです。
このボーナスを活用することで、実質的な取引コストを抑えることができます。

こういった特典はキャンペーンを活用することで獲得可能です。

暗号資産での入金方法と注意点

Bybitで暗号資産を投資するには、アカウントへの入金が欠かせません。Bybitは、利用者に合わせた3つの異なる入金方法を提供しており、それぞれに特徴があります。ここからは、それぞれの入金方法と注意点を詳しくご紹介します。

まず紹介するのは、一番使う機会の多いであろう入金方法です。
暗号資産をウォレットや他の取引所から入金する方法となります。

  • 特徴: 他のウォレットからBybitへの入金
  • メリット: 既に暗号資産を持っている方にとっては、迅速かつ簡単
  • 注意点: 送金アドレスの入力ミスには特に注意が必要

アドレスやチェーンのミスによる送付失敗のことをGOXと言います。
GOXすると入金予定だった通貨が二度と戻ってこない可能性もあるため、十分に注意をしてください。

以下が、具体的な入金手順です。

STEP

仮想通貨を購入 または 保有する

まずは送金するための仮想通貨を準備しましょう。
まだ保有している通貨が無い場合、国内の取引所や他の方法で通貨を購入しましょう。
メタマスクなどのウォレットに保有している場合はそれを送ることも可能です。

国内取引所の開設をする方はこちら↓

STEP

Bybitで入金したい通貨を選択

アプリを起動し、ホーム画面右下の「資産」を選択。次に「入金」を選択しましょう。
その後、入金したい通貨を選択しましょう。

※Bybit は非常に多くの銘柄を取り扱っていますが、一部対応していないものもあります。

アプリホーム画面
入金画面
STEP

送金するブロックチェーンのタイプをBybitで選択する

続いて、送金するブロックチェーンタイプを選択します。
例えば、良く利用される通貨として「USDT」という通貨があるのですが、Bybitで取り扱っているチェーンは複数あります。

ここで気を付けるべきポイントがあります。それは、送金チェーンを間違えないことです。
間違えて送金しようとすると、いわゆる「GOX」が発生してしまいます。

STEP

Bybitの預け入れ用アドレスをコピーするか、QRコードをスキャンする

ネットワークを選択すると、アドレスが生成されます。
表示されたアドレスをコピーするか、一緒に表示されるQRコードをスキャンしましょう。

STEP

送金元で入金アドレス(QRコード)宛に送金手続きを行う

コピーしたアドレスを送金元のウォレットや取引所で、入金アドレスにペーストして送金を行いましょう。
QRコードを選択した場合は、自動で入力されていると思います。
入金までには選択したチェーンや通貨によっても完了するまでの時間が異なります。
心配な方は、一度少額を送ってテストしてから、送金を再度行いましょう。

クレジットカードによる入金方法と注意点

Bybitでは、日本円での入金をする場合は銀行振込が出来ません。
日本円で入金するには、クレジットカードでの入金が可能です。

  • 特徴: 手軽に入金可能
  • メリット: 利便性が高く、迅速な入金が可能
  • 注意点: 手数料が発生するため、特に大きな額の入金の場合にはコストを考慮する必要あり
STEP

JPYで購入する を選択

まずは暗号資産での入金と同様、「資産」→「入金」を選択し、入金画面へ。
クレジットカードを利用する場合、「JPYで購入する」を選択します。

アプリホーム画面
入金画面
JPYで購入する
STEP

入金金額を設定

続いて、入金したい金額を決めましょう。
2024年2月現在では、最低250円~50万円の入金が可能となっています。

金額選択
STEP

カード決済を選択し、カードを登録

続いて決済方法を選択します。
今回はクレジットカードを利用するため、「Bank Card」を選びましょう。

続いてカード情報を登録します。カードの種類としてはVISA、Masercard、JCBが利用できます。
※一部、種類が合っていてもカード会社自体が仮想通貨の入金には利用できないようにしているケースがあります。

メールアドレスや名前、カード番号などの必要情報を全て入力し、「続行」を押すと各カード会社の決済画面に移動するため、承認手続きを行ってください。

支払い方法選択
選択できるカード
カード情報

P2P取引によるによる入金方法と注意点(銀行振込、PayPay、LINE Payなど)

P2P取引は、ユーザー同士で直接仮想通貨を売買する手法です。

この方法では、Bybitなどの仲介プラットフォームを介さず、直接売り手から仮想通貨を購入します。これにより、日本円などの法定通貨を使用しても取引が可能になります。
支払い方法の選択肢が多くあり、PayPayやLINE Payなども利用できるのが大きなメリットです。

  • 特徴: ユーザー間で直接取引を行う方法
  • メリット: 銀行送金、LINE Pay、コンビニ振込など、多様な支払い方法を選べる
  • 注意点: 取引相手との条件の合意に際して慎重さが求められる
STEP

P2P取引 を選択

まずは暗号資産での入金と同様、「資産」→「入金」を選択し、入金画面へ。
クレジットカードを利用する場合、「P2P取引」を選択します。

アプリホーム画面
入金画面
P2P取引
STEP

購入通貨、支払い方法、取引相手を選ぶ

P2P取引は、他の入金方法よりもリスクのある取引方法です。
そのため、必ず取引相手や条件などを十分に確認して選択を行いましょう。

ユーザーごとに、取引の完了率なども記載されているので金額面での条件だけでなく、安全面の確認もしっかりと行うように気を付けてください。

支払い方法種別
P2P取引相手選択
STEP

金額を指定し、取引を進める

次に金額を入力します。
暗号資産で指定を選ぶ場合は、自分の欲しい数量で指定することも可能です。

金額を指定したら、各取引方法に沿って手続きを進めてください。
あくまでリスクが伴うことをお忘れなく。
違和感などを感じたら、取引を無理に進めず、運営に報告をしましょう。

金額入力

P2P取引に関しては更に詳しく別の記事で紹介します。

最大3万ドル相当のボーナス特典

招待コードが入力されていない方は、以下のコードをご利用ください。
招待コード:60190

Bybit入金に関するよくある問題とその対処法

入金を行う際、トラブルが発生することもあります。
よくある問題について簡単にまとめましたので、こちらも参考にしてください。

入金ができない時のチェックポイント

入金にトラブルがある時は、まずは基本をチェックしましょう。

「サポートされている通貨で入金しているか」を確認してください。次に、「正しい入金アドレスを使っているか」の再確認が必要です。アドレスを間違えると、資金を失う恐れがあります。

「入金限度額を超えていないか」、「KYC認証が済んでいるか」も見てみましょう。これらを確認しても解決しなければ、サポートチームに相談するのが良いでしょう。

入金時のチェックポイントまとめ
  • サポートされている通貨で入金しているか
  • 正しい入金アドレスを使っているか
  • 入金限度額を超えていないか
  • KYC認証が済んでいるか

入金が反映されない時の対処法

入金がアカウントに見えない時、いくつか考えられる原因があります。ブロックチェーン上でトランザクションが確認されているかチェックしましょう。ネットワークが混雑していると、確認に時間がかかることがあります。

Bybitやウォレットのトランザクション履歴で、送金が成功しているか確認してください。時間を置いてからもう一度確認することも大切です。それでもダメなら、トランザクションIDを持ってサポートに連絡しましょう。

入金時間とトラベルルールについて

入金にかかる時間は、方法やブロックチェーンの状況によって変わります。クレジットカードなら早いですが、ブロックチェーンを通すと、混雑時は遅くなります。

トラベルルールは、仮想通貨の送金情報を共有する規制です。Bybitでは、これに従い、一定額以上の取引には追加情報が必要になります。この規則を理解し、必要な情報を準備しておくとスムーズです。

また、このトラベルルールは国内取引所にも影響があり、一部の取引所からはBybitに入金が出来ないようになっています。

Bybitに入金できない国内取引所
DMMビットコイン
コイントレード
Zaif(ザイフ)

キャンペーン活用でお得に取引

今回はBybitの入金方法に関して詳しく紹介しました。
入金方法もクレジットカード、P2P取引、暗号資産入金など複数あるため用途に合わせて、メリットやデメリットを理解した上で活用しましょう。

また、入金に関しては「クレジットカード入金の手数料無料」「期間限定で入金額に応じたボーナス」など、様々なキャンペーンを行っているのもBybitの魅力です。
最新情報に注意し、お得に取引を行いましょう。

目次