Bitget Wallet|スマホおすすめウォレット、作り方や使い方を紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
BitgetWallet
  • URLをコピーしました!

仮想通貨の取引や保管を行うためには、仮想通貨ウォレットが必要です。仮想通貨ウォレットには、大きく分けて「ソフトウェアウォレット」「ハードウェアウォレット」の2種類があります。

ソフトウェアウォレットは、パソコンやスマートフォンなどのデバイスにインストールして使用するウォレットです。無料で利用でき、手軽に始めることができます。一方、ハードウェアウォレットは、USBメモリのような形状の機器で、物理的に資産を保管するウォレットです。セキュリティ性が高く、長期保管に適しています。

Bitget Wallet(ビットゲットウォレット)は、世界でも人気の暗号資産取引所「Bitget(ビットゲット)」が提供しているソフトウェアウォレットです。スマホアプリとPC版の両方があり、BRC-20トークンにも対応しています。

Bitgetの詳細はこちら↓

本記事では、Bitget Walletの概要や作り方、設定方法、BRC-20対応のおすすめウォレットなどについて解説します。Bitget Walletの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

目次

Bitget Wallet(ビットゲットウォレット)とは

Bitget Walletは、Bitgetで提供されているソフトウェアウォレットです。
スマホアプリとPC版の両方があり、BRC-20トークンにも対応しています。

Bitget Walletの特徴

  • スマホアプリとPC版の両方があり、デバイスに合わせて利用できます。
  • BRC-20トークンにも対応しており、Bitgetで取引できるすべてのトークンを保管できます。
  • セキュリティ性が高いウォレットであり、2要素認証やパスワードポリシーなどの機能を備えています。

Bitget Walletのメリット

  • 手軽に利用できる
  • BRC-20トークンに対応している
  • セキュリティ性が高い
  • 通知機能で送金、入金などが確認しやすい
    ※たまに通知されないことがあるので注意

Bitget Walletは、仮想通貨の取引や保管を始めたい方や、BRC-20トークンを保管したい方におすすめのウォレットです。

Bitget Walletの機能

暗号資産の管理

  • ビットコイン、イーサリアム、トロン、バイナンススマートチェーンなどの主要なブロックチェーンの暗号資産を管理できます。2023年12月時点で対応チェーンは90以上となります。
  • 暗号資産の残高や価格、取引履歴などをリアルタイムで表示します。
  • 暗号資産の送受金やスワップなどの操作を簡単に行えます。

暗号資産の取引(トレード)

  • Bitgetの取引所と連携して、暗号資産の交換を行えます。
  • スポット取引や先物取引、オプション取引などの様々な取引方法をサポートしています。
  • 取引所の最新の市場情報や分析ツールを提供しています。

NFTの取引

  • NFT(Non-Fungible Token)の取引を行えます。
  • OpenSeaやRaribleなどの人気のNFTマーケットプレイスにアクセスできます。
  • NFTのコレクションや売買履歴などを表示します。

DAppの利用

  • DApp(Decentralized Application)の利用を行えます。
  • DeFi(Decentralized Finance)やゲーム、ソーシャルなどの様々なカテゴリーのDAppにアクセスできます。
  • DAppとのやりとりを安全に行えます。
Dappとは

Dappとは、分散型アプリケーションの略です。これは、ブロックチェーン技術を使用して構築されたアプリケーションです。DAPPは、中央サーバーを必要とせずに、ユーザー間で直接通信します。これにより、セキュリティと透明性が向上します。

DeFiとは


DeFiとは、Decentralized Financeの略で、日本語では「分散型金融」と呼ばれます。従来の金融サービスは、銀行や証券会社などの中央集権的な機関によって提供されていますが、DeFiはブロックチェーン技術を活用することで、中央集権的な機関を介さずに金融サービスを提供します。

Bitget Walletでのウォレットの作り方

Bitget Walletの作り方は、スマホアプリ版とPC版でそれぞれ異なります。
PC版は「Googlechrome」「Brave」などの拡張機能としてインストールすることで利用可能です。
今回は多くの方が利用されるであろう、スマホアプリ版のウォレットの作り方を紹介します。

スマホアプリ版

STEP
アプリをダウンロードする

まずは自身の端末に合わせて以下のDLページからダウンロードを行ってください。

ダウンロード後、招待コードを入力して利用開始しましょう。
招待コード:2jZspf

STEP
ウォレットを追加する

アプリをダウンロードできたらウォレットを追加しましょう。
今回は、新規作成をしていくので一番上の12語のニーモニックウォレットを選択します。
ここは好きなものでOKです。
ウォレットの作成は早ければ10秒ほどで完了します。

また、既存のメタマスクなどのウォレットをインポートすることも可能です。
機能は正直なところBitget Walletの圧勝なので、私はメタマスクで使っていたウォレットをインポートして使用しています。

STEP
作成したウォレットのニーモニックコードをバックアップ

作成したウォレットは、そのまま利用することも可能です。
ただし、間違えてアプリを消してしまったりした場合に資産にアクセスできなくなってしまう可能性があります。

また、他にもセキュリティ対策としてニーモニックコードを必ず控えておきましょう。
画像のようにバックアップの推奨画面が表示されますので、こちらをタップして進めましょう。

表示されたニーモニックコードはメモなどに残し、なるべくオフライン環境で管理してください。

BRC-20対応のおすすめウォレット

BRC-20は、BTC(ビットコイン)チェーンを活用した新しいトークン規格です。
元々はNFTをBTCチェーン上で実現させるために考案されて方式でしたが、現在ではトークン発効などにも利用されています。
2023年に非常に人気が上昇し、最も成長したトークン規格と言えるでしょう。

Bitget Wallet

Bitget Walletは、Bitgetで提供されているソフトウェアウォレットです。
スマホアプリとPC版の両方があり、BRC-20トークンにも対応しています。
その他、ほとんどのチェーンに対応しており、個人的には現在一番使いやすいと感じているウォレットです。

Bitget Walletのメリット
  • スマホアプリとPC版の両方があり、デバイスに合わせて利用できる
  • BRC-20トークンにも対応している
  • セキュリティ性が高い

また、世界的にも人気が高まっているBitget関連のウォレットですので安心感が違います。
Bitgetについてはこちら↓

Unisat Wallet

Unisat Walletは、Google Chromeの拡張機能として提供されているソフトウェアウォレットです。
BRC-20トークンに対応しており、専用のマーケットプレイスでUnisatトークンやNFTを取引できます。

Unisat Walletのメリット
  • 専用のマーケットプレイスでUnisatトークンやNFTを取引できる
  • BRC-20トークンにも対応している
  • セキュリティ性が高い

Xverse Wallet

Xverse Walletは、Stacks(STX)を活用してWeb3.0環境にも対応しているソフトウェアウォレットです。
BRC-20トークンにも対応しており、ライトニングネットワークを使った高速送金が可能です。

Unisat Walletのメリット
  • Stacks(STX)を活用してWeb3.0環境にも対応している
  • BRC-20トークンにも対応している
  • ライトニングネットワークを使った高速送金が可能

BRC-20対応ウォレットの比較表

項目Bitget WalletUnisat WalletXverse Wallet
対応デバイススマホアプリ、PCGoogle Chromeの拡張機能スマホアプリ、PC
対応トークンBRC-20、BTC、ETH、BNB などBRC-20、UNISAT、NFT などBRC-20、STX、NFT など
機能2要素認証、パスワードポリシー、バックアップ専用マーケットプレイス、2要素認証、パスワードポリシー、バックアップ2要素認証、パスワードポリシー、バックアップ、ライトニングネットワーク
セキュリティ高い高い高い

BRC-20対応ウォレットまとめ

BRC-20トークンを保管するためには、BRC-20対応のウォレットが必要です。ここで紹介した3つのウォレットは、いずれもBRC-20に対応しており、セキュリティ性も高いため、おすすめです。

Bitget Walletのおすすめポイントまとめ

今回、Bitget Wallet はBRC-20に対応している点など紹介しました。
ですが、BRC-20自体が新しいトークン規格ですし、それに対応するのは本当に早かったBitget Walletを個人的には高く評価しています。

最近ではARC-20やDRCなど、まだまだ新しいトークン規格が生まれてきており、こういったトークン規格やチェーンへの対応力にも期待できそうです。

また、個人的な推しポイントは「通知機能」です。
取引結果などを通知で分かりやすく教えてくれるので、資産管理が本当に楽です。

目次